いろいろある潜水スーツ

本格的に海に潜水するときには、潜水スーツを着用します。
潜水スーツの主な役割は冷たい水温から体温を守ったり、擦過傷や咬傷などの災害から体を保護することになります。
スーツはどれも同じように見えますが、大きく分けると、ドライスーツと呼ばれるものと、ウエットスーツと呼ばれるものに分けることができます。
ドライスーツというのは、スーツの中に浸水するのを防ぐ構造になっています。
そのために、保温性がとても高いのが特徴で、低水温下に潜水するときや、長時間の潜水するときに適しています。
それに対して、ウエットスーツはスーツの中に水を通す構造のスーツを言います。
一般に多く使われるのはこのタイプになります。
また、ウエットスーツは、パンツとジャケットが分かれている分離型とくっついている一体型があります。
なお潜水用の服には、潜水スーツだけでなく、靴や手袋、フード、ベストなどもあり、状況や用途に合わせて適宜用いると良いでしょう。